So-net無料ブログ作成

善玉菌とは? [便秘の知識]

最近は腸内環境が体の健康や寿命にまで関係があると言われ、腸内フローラなんて言葉を聞く機会も増えてきました。

腸にはたくさんの菌がいるのですが、それは必ずしも良い菌だけではなく悪い菌やどちらにも属さない菌がいて、それら全部のバランスが良いと腸内フローラがきれいな状態らしいのです。


この健康的な腸内環境に最も大切なのが善玉菌で、これはその名の通り腸にいい影響を与えてくれる善い菌なのですが、具体的にはどのような役割をはたしているのでしょうか?

善玉菌は腸内を酸性にする働きがあり、有害な菌から腸を守ったり免疫力を高める効果があり、善玉菌がいることによって悪玉菌を抑えることができています。

赤ちゃんの頃は誰でもこの善玉菌を多く持っているのですが、食生活の偏りや年齢とともに少なくなり悪玉菌が増えていき、体に様々な悪影響が起こると言われています。


善玉菌が腸内に多いと免疫力が高くなり病気になり良くくなっても回復が早くなり、逆に善玉菌が少なく悪玉菌が多いとさまざまな病気のリスクが高まるのです。

病気とは無縁のご長寿の腸内環境は善玉菌がとても多く、普通歳をとると便秘になりがちですがそれもなく毎日快便なのです!

元気に長生きしたい人は、腸内環境を整えるための善玉菌を増やすことが大切です。


タグ:善玉菌
nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0